測  量

 常に時代を読み最高精度を追求

すべての社会基盤整備をはじめ維持管理に至るまで、精確な「地図」情報は欠かすことのできないものです。近年、デジタル情報時代が普及してきたことから、その技術を活かしたさらなる高精度の計測情報が求められています。
わたしたちは、各種測量の実施にあたり、その業務の目的を明確にした上で、最新の高精度機器やデジタル情報機材を駆使し、精度の高い調査に取り組んでいます。

 主な業務実績

■二級河川稲生沢川河川台帳整備測量 / 静岡県下田土木事務所
■修善寺天城湯ヶ島線用地測量 / 静岡県沼津土木事務所
■静岡空港整備用地調査・用地測量 / 静岡県静岡空港管理事務所
■街区基準点測量作業(静岡県静岡市第4地区) / 国土地理院
■三遠道路用地調査その3 / 国土交通省浜松河川国道事務所
■国道139号麓地区用地調査 / 国土交通省静岡国道事務所
■伊豆市地籍調査(修善寺地区) / 静岡県伊豆市
■伊豆市地籍調査(土肥地区) / 静岡県伊豆市
■伊豆市地籍調査(柏久保地区) / 静岡県伊豆市
■地籍成果数値情報化 / 静岡県袋井市
■沼津市戸田の一部(F・G・H工程)地籍調査 / 静岡県沼津市
    

 実績内容

 基本測量・公共測量業務

基本測量はすべての測量の基礎であり、その成果と品質確保は社会資本整備において極めて重要なものです。わたしたちは、最先端の測量技術と最新設備を備え、より高精度なデータをスピーディーかつ効率的に提供します。
基本測量・公共測量業務
基本測量・公共測量業務

 応用測量業務

都市計画・道路橋梁などの社会資本整備に係わる計画や設計に必要となる路線測量や河川測量などを実施する他、事業用地取得のための境界測量や用地測量など、多岐にわたる測量において、最新技術よる高精度な情報を提供しています。
応用測量業務
応用測量業務

 地籍調査測量業務

我が国の地籍の半分以上が明治期の地租改正により作られたものであり、土地の境界や形状などが実態とは異なり正確な土地を把握することができません。このため、国土調査法に基づき、最新の測量技術をもって情報を早急に整備・更新する必要があります。わたしたちは、不動産登記等の高精度化とその後の土地取引の円滑化や効率化に役立つことを期待し、長年の地籍調査測量の豊富な経験とノウハウを活かし、お客様のニーズにお応えします。
地籍調査測量業務
・地籍調査の目的と効果
 (1)公共事業の円滑化
 (2)災害復旧の円滑化
 (3)土地権利等の明確化によるトラブル防止
 (4)課税の公平化と是正
 (5)コスト削減