地理情報システム

 高度情報化社会における情報インフラ整備の重要性

阪神淡路大震災以後、GISへの関心が急速に拡大し、アナログからデジタル情報整備の時代へと変化しています。そして、新たな情報管理の手法として「地理空間情報活用推進基本法」が施行され、地方公共団体では、地理情報システムの利用拡大等を講ずることが責務となっています。
わたしたちは、地域の実情・ニーズに応じたシステムづくりを念頭に、地方公共団体における情報インフラ整備の支援に取り組んでいます。

 ご利用いただいているお客様

静岡県、静岡県熱海市、静岡県伊東市、静岡県伊豆市、静岡県三島市、静岡県伊豆の国市、静岡県函南町、静岡県長泉町、山梨県、山梨県身延町、山梨県西桂町
    

 実績内容

 IT2MS (Information Technology Tohnichi Map System)情報管理ツール

  
情報管理ツールの利用例
情報管理ツールの利用例
既存地図(地形図、DM、オルソ写真)利用によるGIS構築
・位置情報のレイヤー設定
・位置情報に属性項目(道路、施設等の情報)を接続
・定型テンプレートによる位置情報、属性情報の出力
あらゆる管理ソフトは本システムをベースに、アプリケーションソフトとして提供可能
オルソ写真
オルソ写真
情報の共有を目的に、シンクライアント(スマートクライアント方式)システムにより、機能の拡張性と柔軟性を装備し、あらゆる管理ソフトの構築が可能
・情報セキュリティー
・作図機能
・ファイリング機能
・属性情報の更新など(現在3市にて運用)
情報の共有化よる重複管理と重複投資の防止、波及効果の高いデータ整備